老後に向けてバリアフリーリフォームを

家族で介護が必要になった際や、将来の必要性に備えてバリアフリーリフォームをすると安心です。
お住まいの部屋と部屋や廊下との段差を解消したり、玄関の上がりかまちなどにスロープを付けたり、階段や廊下などに手すりを付けるといったことが考えられます。
また、車椅子を使っての生活になる場合に備えて廊下や部屋の間口を広くすることやトイレなども車椅子で入れるようにスペースを広げることなども検討してみましょう。
お風呂場も高齢になって身体能力が低下しても安心して入れるように滑りにくい床にする、低い浴槽にする、手すりを付けるなどのリフォームが可能です。
既に介護が必要な家族がいる場合には、その方の状態やできること、これからのリスクに備えながら住まいの構造や設備などを考えて、その方が過ごしやすく、かつ、家族やホームヘルパーが介護しやすい環境にリフォームするのがおすすめです。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ