浴室は危険がいっぱい

高齢者にとって浴室は危険がいっぱいなので、何も処置をしていないならばリフォームで防ぐことができます。
床は濡れているため滑りやすく転倒しやすくなっています。
足腰の弱い高齢者にとっては、少し滑ってしまうだけで大怪我を起こしてしまいます。
リフォームで壁に手すりなどを設けることで、転倒防止に繋げることができるわけです。
一方、脱衣室との温暖の差もとても危険です。
特に冬場では、浴室で温まった体は血管が拡張している状態、そのまま脱衣室へと出ると急速に血管が収縮してしまって脳卒中などで倒れてしまう危険性があります。
実際には脱衣室で倒れてしまう高齢者は毎年現れるほどです。
それを防ぐためには、浴室と同様に脱衣室の室温の差が出ないようにリフォームする必要もあるでしょう。
そうすることで高齢者も安心して入浴することができます。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ