条件を遵守してローン減税の申請を

リフォームでも条件によっては所得税や固定資産税の減額を受けることができると、知っていましたか。
新築や中古住宅購入時よりも条件に制限があるため知っている人が少ないといわれています。
しかし、条件を理解して申請することによって、ローンの控除が可能です。
条件としては返済期間が10年以上で、自分や家族が暮らす家をリフォームしていること、また、工事完了後半年以内に住み始めていることが大前提といえます。
不動産登記上の床面積が50平方mであることも必要です。
さらに、年収が3,000万円以下であることや、リフォーム費用が100万円以上であることも条件となっているため、確認してください。
バリアフリーの場合控除に年齢制限があるため、注意してください。
省エネの場合には年齢制限はありませんが、金額に補助金をプラスした差引金額が50万円以上であることが必要です。
それぞれの条件に見合った形で運用することが望ましいといえます。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ