リフォームを行った場合の確定申告

リフォームを行うと多くの費用が発生しますが、確定申告をすることで、税金が戻ってくる場合もあります。
どのような工事であっても税金が戻ってくるのではありませんが、工事内容や要件を満たしていれば減税の対象となりますので、面倒だと思わずに申告をお行いましょう。
工事内容や要件を満たしていれば最大10年間の住宅ローン減税を受けることができます。
サラリーマンの場合は初年度に確定申告を行えば2年目からは年末調整で対応できるので、毎年確定申告を行う必要はありません。
住宅ローンを利用せずにリフォームを行う人も少なくありませんが、このような場合も耐震やバリアフリーリフォーム、長期優良住宅化リフォームなどであれば減税の対象となります。
確定申告は税務署に出向かなくても郵送やE-TAXでも行うことができます。
確定申告の際にはさまざまな書類も必要となりますので、きちんと揃えておきましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ