契約書をしっかり取り交わしてトラブルに備えよう

リフォーム工事を依頼する場合には、業者と工事請負契約を取り交わす必要があります。
個人のお店だからとか、知り合いの業者だからと気軽に考えず、必ず契約書を取り交わして工事内容の確認や契約金額の確認、支払いの方法をはじめ、工事後の保証や万が一の不具合があった際のフォロー対応などを確認しておきましょう。
安心して工事を依頼できるよう、保証内容について納得のいく内容が定められているかや、どんな内容になっているのかを契約書にサインや押印する前にしっかり理解することが大切です。
リフォーム業者独自の保証内容はどのような内容なのか、リフォームかし保険には加入しているかなど説明を受け、納得のうえで契約をします。
保証は業者独自の場合は無料のケースも多いですが、リフォームかし保険は保険料の負担が必要なので内容を納得のうえでトラブルに備えましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ