リフォームでも還付金は存在する

リフォームは住宅ローンと関係ないから控除にならないと考えている人は少なくありませんが、実際に工事をした経験のある人であれば事実ではないと気づくでしょう。
税金が戻ってくる複数の制度があるため、適切に調べて活用することで、自分たちの工事で支払った分の一部が還付される可能性が高いです。
一般的に戻ってくる種類としては所得税の控除や、固定資産税の減額、贈与税非課税枠の増額などとなっています。
所得税の控除としては耐震・三世帯同居・バリアフリー・省エネ住宅にするための工事をした場合、現金のみで、あるいはローンを申請してリフォームすることで申告をすると工事費の1割を上限とした金額が戻ってくるのでお得です。
また、住宅ローンの申請は条件に当てはまっていれば可能で、5年ないし10年以上のローンとなっている場合、返済残額の1から2パーセントが還付されます。
一定の要件を満たすリフォームをする場合、翌年の固定資産税が減額させる可能性が高いです。
また、親から住宅購入資金として贈与された場合は、非課税枠の上限をアップさせることができます。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ