リフォームでかかる税金の種類

快適で家族全員が笑顔で暮らすために行ったリフォームは、種類や方法によって税金がかかります。
ただし、優遇制度が適用されることや控除が発生する可能性があるため、決してそのまま申請せずに工事の前に確認し、書類を揃えることを忘れないようにしましょう。
最も知名度の高い印紙税は、工事会社との契約書に貼り付けられている印紙代で発生します。
工事金額によって課税額は異なりますが、200万円までの課税額は200円、300万円までは500円、500万円までは1,000円となっているため、確認しておきましょう。
また、不動産所得税や固定資産税、都市計画税などが必要となる場合もあります。
さらに登録免許税などもかかりますので、注意してください。
また、登録免許税も必要となる場合が少なくありません。
ただし、登録免許税は登記を行う司法書士に依頼する人が多いといわれているため、その分の費用も見積もっておきましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ