パリアフリーを行うときには項目を確認しよう

高齢者および介護を受ける人にとって、住みやすい家にすることで快適に暮らせるようになるでしょう。

 

高齢者の方のためにリフォームする家庭が増えてきており、バリアフリーリフォームといわれています。

 

特徴としては高齢者の方が段差や階段の手すりなどを使うときにきちんと登れるようにする工事を指しますが、一部自治体から補助金が出るため、どんな工事を行うのか確認してください。

 

一般的に対象となっているんは手すりを付ける工事、通路を広げる工事、階段の急な勾配を直す工事、浴室やトイレを使いやすいようにする工事、出入り口や段差を解消する工事、滑って転びやすい床を滑りにくくする工事などです。

 

これらの対象となっている工事を行っていれば、バリアフリーの補助金や税金控除の対象となるでしょう。

 

自治体によって金額は多少異なるため、事前に確認してから申し込むことが必要です。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ