バリアフリーリフォームをローンを組んで行ったとき

リフォームをした場合、所得税控除の対象と見なされることがあります。 その一つがローン型減税で、5年以上10年未満のローンを組んでリフォームしたときの減税制度のことです。 高齢者や障碍者がいる場合、その住宅のリフォームを検討することは少なくありません。 その際、一定のバリアフリーリフォームを行った場合に、年末のローンの残高を上限として所得税が控除される仕組みです。 この際の控除額は工事費の2%もしくは1%で、リフォーム後に居住を開始してから5年間、所得税が控除されます。 ただし自動的に適用される制度ではないので、まずは必要書類を用意して税務署で確定申告しなければなりません。 また所得条件も設けられていて、合計所得金額が3,000万円以下であることなども決められています。 ですから実際にこの制度を活用したい場合は、条件を満たしているかどうかをしっかりと調べた上で申し込みをしましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ