条件を満たせば介護保険制度の補助金でバリアフリーリフォームができる

両親の介護をするときなどは、施設を利用することもできますが、できるだけ住み慣れた場所でと考える人も少なくありません。

 

そのときに必要となるのが今の住宅のバリアフリーリフォームです。

 

被介護者にとって住みやすい家を作るだけでなく、介護する側にとっても介護がしやすい家となります。

 

また、バリアフリーリフォームを行う場合、条件を満たしていると介護保険制度の補助金を利用できます。

 

介護保険制度には居住介護住宅改修費という項目があるからです。

 

とはいえ、どれだけでも補助金が支給されるわけではなく、補助金の支給は被保険者1人当たりリフォーム費用20万円までとなっています。

 

20万円までであれば、自己負担額はその1割となります。

 

また20万円を超えた場合は20万円の1割である2万円と、20万円を超えた金額を負担する仕組みです。

 

ただ条件を満たしている場合でも、補助金の申請をしていない、もしくは承認される前に工事を始めてしまうと補助金が支給されなくなってしまいます。

 

ですから必ず公示前に承認申請をし、承認後に施工へと進めていきましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ