控除はどのような税金から差し引かれるのか

リフォームの一種であるバリアフリーリフォームは高齢者や介護を受けている人が暮らしやすくなるようにリフォームをすることです。

 

 

自治体や国からさまざまな控除を受けられるお得なリフォームですが、税金を控除してもらえる可能性が高いことを知らない人は少なくありません。

 

 

正式名称は住宅特定改修特別税額控除といわれ、制度の適用には条件が複数存在しています。

 

 

計算方法としては50万円以上の標準的な工事費用に相当する金額に10%をかけた金額です。

 

 

なお、これはリフォームが完了して住み始めた都市の所得税からの控除となっています。

 

 

ただし自治体から補助金や給付金をもらっている場合には、工事に相当する費用から補助金の金額を差し引いて計算されるといわれているため、注意してください。

 

 

なお、これは住み始めた年だけの控除となっているため、忘れないように申請しましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ