補助金も減税措置も申請して受けるもの

高齢者が暮らすために快適となるような家にするためのバリアフリーリフォームは、自治体が定めた高齢者など居住改修工事に該当するため、基本的に控除や減税の対象となります。

 

 

しかし、工事をしてそのまま申請しなければ控除も減税もありません。

 

 

どのように工事をしたのか、どれくらい費用がかかったのかなどを具体的に書面として申請しなければ、控除や減税措置が行われないため注意してください。

 

 

なお申請は税務署へ確定申告のときに行う場合と各自治体の介護保険かに申請する場合とに分かれています。

 

 

せっかくバリアフリーリフォームをした以上、適切に書類を提出して補助金や減税措置を受けましょう。

 

 

なお、書類をどのように揃えたらいいのかは、事前に不動産業者などに相談すると親切に教えてくれる場合があります。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ