バリアフリーリフォームで投資型減税が適用されるケースを知っておこう

住宅の段差を少なくする、階段やお風呂場、トイレなどに手すりを設置するためにバリアフリーリフォームを検討している人が増えています。

 

バリアフリーリフォームは、まとまったお金が必要になるため、申し込みをするのを躊躇している人が少なくありません。

 

バリアフリーリフォームにおける投資型減税は、要介護認定や要支援の介護者や身体障碍者のいるご家庭に適用されます。

 

50歳以上で賃貸以外の住宅に住んでいる人は、バリアフリーリフォーム 投資型減税が適用されるので、所得税を軽減してもらえます。

 

バリアフリーリフォームを実施して改修後に住宅で生活を始めてから1年間は適用してもらえるのです。

 

バリアフリーリフォームの上限額は200万円になっており、10%程度が控除の対象になります。

 

 

バリアフリーリフォームをお考えの場合はまず一度ご相談ください。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ