適用範囲を確かめておきたいバリアフリーリフォーム減税

介護はすべて自力で行おうと頑張ってしまうよりも早めに周りに協力を求めるほうが良い場合が多く、介護負担は大人数で分担することが求められます。

 

 

バリアフリーのリフォームは自費で行わなくても良い場合が多いです。

 

 

例えば認知症などの介護の際は、トイレに手すりを付けて転倒を防ぐといった特別なリフォームが必要になる場合もありますが、高額介護合算制度や特別減税措置などでバリアフリーリフォーム減税という制度があります。

 

 

格安で改造できることも多いですから一度市役所に尋ねてみると便利です。

 

 

個人の年収や介護度によって個人の負担は変わってきます。

 

 

保険のことを知らずに介護を自費で行うと大変なことも多いですから、しっかりとネットで勉強して、さらにケアマネージャーに相談して決めていくことが大切です。

 

 

バリアフリーリフォーム減税の適応できる事例としては、トイレの手すりや車いすでの出入り時の段差を解消するといったことが挙げられます。

 

 

ケアマネージャーは無料で依頼できる場合が多く、バリアフリーリフォーム減税のこともしっかりと尋ねることが可能です。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

 

メールでのお問い合わせ
ページトップへ