介護を必要とするためのリフォームに優しい制度

介護を必要とする人が無理なく安心して暮らせるように家を改築することをバリアフリーリフォームと呼びます。

 

 

実行することによって、大きなお金が出ていくと考えられていますが、実は助成金が発生するため、費用の負担が少なくなることが期待できます。

 

 

自治体によってリフォームに関する助成金のパーセンテージは異なりますが、改装する内容や認知症や介護などの状況などによっても多少費用が異なると言われています。

 

 

なお介護保険との併用は可能となっているため、さらなる費用負担の低減が期待できるでしょう。

 

 

また、バリアフリーリフォームを行った家庭の場合、減税措置を受けられる可能性があるため、事前に税務署などに確認を取ることも必要となります。

 

 

どれくらいの費用を節減できるのか、どんな工事で助成金が出るのかを確認してからリフォームを申し込みましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ