国税庁で定めている減税措置がある

階段の急な勾配を高齢者や介護を受けている人が快適に登れるようにしたり、風呂場で転んだりしないようにトイレや風呂場に手すりを付けたりすることや出入り口の隙間でつまずいて転んだりしないようにするといった工事がバリアフリーリフォームです。

 

 

長い間住んでいる愛着ある家だからこそ、より住みやすく暮らしてもらえるようにすることが肝心だと言われています。

 

 

そのため、国税庁ではバリアフリーリフォームをした家を対象に住宅特定改修特別税額控除を実施中です。

 

 

基本的には工事をした金額の1割程度が戻ってくる形となっており、工事を済ませて各自治体の税務署で申請を行うことによって金額が返ってくる仕組みとなっています。

 

 

工事を行った家庭の負担を軽減することを目的にした措置ですが、工事金額が50万円以上であることなど多数のポイントが存在しているため、条件に当てはまるかどうか確認してから申請することが必要です。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ