内装リフォームと減価償却の関係

減価償却とは、設備を投資するときにかかった費用をその年度だけでなく、その後何年にもわたって分けて会計処理することを言います。

 

たとえば費用が1,000万円かかった場合、10年で償却を行うとすれば、10年間はずっと毎年100万円ずつ経費として計上できる仕組みです。

 

また、減価償却というと設備の導入時などのイメージを抱かれてしまうことも少なくありませんが、内装リフォームに対してもその対象となっています。

 

なぜなら、リフォームを行うことによって上がった物件の資産的価値が、年数が経つにつれて徐々に下がっていくと考えることができるからです。

 

さらに、実際に内装リフォームでお金が発生したのはその工事をした年度だけですが、分散して翌年度以降も計上すれば、翌年度以降は出費ゼロで経費だけ計上できる形になります。

 

つまり、税金を軽減する効果が期待できるということです。

 

そのため、内装リフォームを行う場合は、減価償却を行うのは節税対策としても効果があるとして注目されています。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ