内装リフォームを行うときは資格がいるのか

内装工事と一言でいっても、実はいろいろな内容に分かれています。

 

たとえば壁紙や床材を貼ったり、また収納スペースを作ったり、床の段差をなくしたり、スロープを付けたり、その内容は多岐にわたっています。

 

ただ、実際にこれらの作業をするために絶対に資格を持っていなければならないというわけではありません。

 

工事に携わるのであれば、資格はなくても十分活躍できるようになっています。

 

ただ、あくまでもこれは自分がその工事に携わるだけという点をよく理解しておきましょう。

 

実際に内装リフォームをする際は、その工事を請け負う人が必要です。

 

この場合はリフォーム会社がその役目を担っていますが、自分がリフォーム会社を運営して仕事を請け負いたい場合は、資格が必要となる場合があります。

 

この場合に取得しておくべきなのは、建築業許可です。

 

ただ警備な建設工事に限っていえば、資格がなかったとしても請け負うことができるので、絶対に資格がなければいけないというわけでもありません。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

 

メールでのお問い合わせ
ページトップへ