リフォーム減税を活用できる例

マイホームをリフォームすると、より快適な生活が送れるようになりますが、工事内容によっては多くの出費があります。
そのかわり、税金が優遇される制度もありますので、上手に活用していきたいところです。
減税の対象となる工事も知っておきたいですが、まずは投資型減税があり、この場合は耐震やバリアフリーや同居対応、省エネや耐久性向上の工事を行った場合に適用されます。
さらにリフォームローンを利用する場合はバリアフリー、同居対応、省エネ、長期優良住宅化の工事を行い一定の要件を満たすと減税の対象となります。
所得税を抑えられることはもちろん、一定の要件を満たす工事を行っていると固定資産税の減額となる場合もありますし、親や祖父母から援助を受けて工事を行った場合は贈与税が非課税となることもあります。
それゆえ、工事を行う際は税金のことも考えておきたいところです。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ