リフォームは住宅ローンの対象となる

リフォームは住宅ローン減税の対象とはならないと思われていましたが、実は対象になります。
とはいえ、すべての家で減税対象となるわけではなく、ローン控除の対象となる家に関しては、複数の条件をクリアしているかどうかを把握し、対象となっている控除に申請をすることが必要です。
住宅ローンによる減税は10年間所得税から減税できるようになっている利便性の高いもので、ローンの年末残高の1%を上限として10年間減税できるというメリットが高いやり方といえるでしょう。
条件としては親や兄弟、親戚などからお金を借りて折らず、金融機関にローンを申し込んで審査に通っていることなどが挙げられます。
特に自分が住む家の工事で、バリアフリーや省エネ改修工事も同時に行っており、増改築から半年以内に住み始めることが条件です。
さらに減税の適用を受けるその都市の年末間で引き続き住むことだといわれています。
10年以上のローンを組んでおり、工事費用が100万円以上であることも必須条件です。
それ以外にも複数の条件があるため、あらかじめ契約する前に条件を確認してからローンの申請をしましょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ