バリアフリーのためのリフォームをしたら確定申告を

住宅はそこに住む人のスタイルに合わせて変化させていくことも重要で、その方法の一つがリフォームです。

 

高齢社会となっている現在、家族の年齢や体調の変化によって、住宅のバリアフリー化が必要不可欠となっている人も珍しくありません。

 

もちろん建て替えも検討できますが、既存の住宅をうまく利用するということからリフォームも多く行われています。

 

また、実際に所定のバリアフリー仕様にするためにリフォームを行った場合、減税制度を利用することができます。

 

とはいえ、工事を行えば自動的に減税となるわけではありません。

 

実際に減税を適用してもらうためには、確定申告を行う必要があるからです。

 

確定申告は2月中旬から3月中旬までの間に行わなければなりません。

 

また申告する場所は所在地の所轄税務署で、そのときは確定申告書、住宅特定回収特別税額控除額の計算明細書、補助金の書類などいろいろと用意することとなっています。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ