一定の条件を満たすとバリアフリーリフォームの所得税減税が利用できます

古い住宅で生活をしている人は洗面所やトイレ、お風呂場などに段差があるので転倒によるけがなどが心配な人がほとんどです。

 

 

住宅のバリアフリーリフォームを検討しているけれど、費用がかかるので申し込みをためらっている人が少なくありません。

 

 

一定の条件を満たしている場合は、バリアフリーリフォームの所得税減税が利用できます。

 

 

住宅に住んでいることが条件になっており、50歳以上で65歳以上の高齢者のいるご家庭が利用できます。

 

 

要介護認定や要支援を受けている人や、身体障碍者のいるご家庭などもバリアフリーリフォームの所得税減税が適用されます。

 

 

所得税などの税金を減税してもらうことで、リフォームに必要なお金の負担を減らすことができるのが魅力です。

 

 

住宅のバリアフリーリフォームを検討している人は、市役所などの窓口で相談してみると良いでしょう。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

メールでのお問い合わせ
ページトップへ