中古住宅購入時にしておきたい外壁リフォーム

一戸建てを購入するとき、新築を選べることが理想ですが、新築となると購入費用も高くなります。

 

より費用を抑えて家を購入するのであれば、中古住宅を購入することも考えてみましょう。

 

新築に比べて価格も安く、好立地でも手頃な価格で家を持てるのもメリットです。

 

とはいえ、中古住宅は新築住宅とは違い、すでに経年劣化も進んでいます。

 

リフォーム済みで販売されていることもありますが、購入後にリフォームが必要な物件も少なくありません。

 

中古住宅のリフォームでぜひしておきたいのが、外壁工事です。

 

外壁は特に大切な部分ですが、紫外線などの影響で劣化も進みやすい部分です。

 

外壁リフォームには、張り替えや塗装、さらにカバー工法などがあります。

 

まずは、外壁の今の状態を確認し、劣化に応じた最適な工事を選ぶことになります。

 

張り替えとなると、工期も長くなり、費用も高くなりますが、カバー工法なら外壁を壊さずに工事を進めていくことができるので、費用も安くなり工期も短く抑えられるのです。

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

 

メールでのお問い合わせ
ページトップへ