施工事例|小山市乙女N様邸のフローリング段差解消|段差を解消して安全に!

 

 

【記事要約】「フローリング段差解消の施工事例」「段差解消のメリット」「段差がある場所」についてお伝えしております。筋力が低下していくと以前のような動きが出来なくなっていきます。不意につまずいたときに瞬時に反応できなくなっていくことも想定して、今のうちにバリアフリー化をご検討下さい。また、家の中に段差があると歩くことに不安を感じて、行動を控えてしまうなんてこともあります。自立歩行を継続することで筋力低下を防止出来ます。
室内のバリアフリー化にご興味のある方は是非ご参考になさって下さい✨

 

 

 

 

アラカワリフォームサービスTOP > 施工事例ブログ > 施工事例|小山市乙女N様邸のフローリング段差解消|段差を解消して安全に!

 

こんにちは😊
アラカワリフォームサービスのホームページをご覧頂きましてありがとうございます!

【今回の内容】
●施工事例|小山市乙女N様邸
●段差解消のメリット

ご高齢の方や体が不自由な方にとって、段差は不意につまづいてしまう原因になります。年を重ねていくと思ったよりも身体能力が低下して、上げたつもりの足が段差を越えなかったなんてこともあります。何気ない動作を安全にするためのリフォームをご検討下さい!

上記の内容についてお話させて頂きます。ぜひ安全なお家づくりにお役立てて下さいね

 

弊社は地元に根差した水回りと室内リフォームが得意な工務店です。出張見積り無料!ご相談だけでも大歓迎です!
この記事は【施工事例|小山市乙女N様邸のフローリング段差解消|段差を解消して安全に!】をお伝え致します。

 

 

 

 

1.施工事例:段差解消リフォーム|小山市乙女N様邸

 

 

 

 

この度は施工を任せて頂き、誠にありがとうございました!今回は「段差解消リフォーム」の施工事例をご紹介致します😊

【段差でつまずく】段差でつまずくと転倒・転落の危険があり、大きなケガにつながってしまうことがあるため大変危険です。段差を無くすことによってお客様の家の安全性を高めることが出来ました。ほんの少しの段差といっても年を重ねると自身が思っているよりも運動能力が低下しています。また、視力の低下によって段差をしっかりと認識できないということもあります。

【自立歩行を安全に】また、転倒・転落を警戒するあまり歩くことに抵抗感を抱いてしまっては足腰の筋力低下を助長させてしまいます。そういった心配を無くすためにも家の中にある段差を解消しておきましょう!

 

🔶施工内容


施工前


施工後

🔳作業工程

①既存の低い方の床に下地を作る。
②床材を張る。
③段差解消の完成!

今回は比較的高さのある段差解消リフォームを行いました。高い箇所に低い箇所を合わせる施工で、既存の低い床に根太(ねだ)と呼ばれる木材で下地を作り、床材を張り、高い床に合わせ段差を解消しました。

生活の中には様々な危険が潜んでいます。

その中でも「段差」はご高齢の方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭にとってリスクの高い場所ではないでしょうか。

なので、この後は「段差解消リフォームのメリット」についてお伝えさせて頂きます。ぜひ安全なお家づくりにお役立て下さいね!

 

🔳「根太」って何?

<専門用語の豆知識💡>
根太の大きな役割は「床の安全性を保つ」ということです。畳やフローリングなどの床板だけを土台に取り付けますと強度不足となってしまい割れてしまいます。下から人の体重を支えて床板を補強してくれているのが“根太”なのです。下からしっかりと支え、床板が割れることなく安全・快適に皆様に使って頂けるようにしています。

最近DIYの流行により専門的な言葉を耳にしたり、目にしたりする機会が増えましたよね!しかし、まだまだ知られていない言葉がたくさんあります。施工内容をより具体的に知って頂くことで、少しでも安心してお任せ頂けるのではないかと考えています。施工に関する言葉を少しずつ紹介致しますので、良かったらご参考になさって下さい😌

 

 

 

 

2.段差を解消するメリットとは?

 

 

 

 

🔶段差解消のメリット

段差解消リフォームのメリットは「家庭内事故の軽減」が大部分を占めているのではないでしょうか。

【転倒に注意】最も注意しなければならないのが「転倒」です。また、リフォームご希望のお客様から、ご依頼のきっかけをお伺いしますと「少しでも家庭内の危険な箇所を無くしておきたい」というご意見を頂くことが多いです。

【事前に危険回避】転倒し骨折してしまいますと、思うように運動することが出来なくなり筋力が低下してきてしまいます。そうしますと最悪の場合、そのまま寝たきりとなってしまうことも考えられます。

事前に危険回避をしておくことで安全な毎日をお過ごし下さい!

 

🔶交通事故より家庭内事故の方が多い

【事故件数データ】厚生労働省 人口動態統計の概況第7表(令和4年)より
🔳全体の死亡者総数 156万9050人
🔳不慮の事故死亡者数 4万3420人
・交通事故 3541人/年
・転倒・転落・墜落 1万1569人/年

以上のデータから身近なところに危険が潜んでいるということがお分かり頂けたかと思います。家庭内の事故は不意に襲ってきます。転倒などの大きな事故につながらないよう早めの安全対策をしていくことをオススメ致します!

私たちは日々安全運転でお客様のお宅へ向かっています。しかし、家庭内の事故となりますと不意に襲ってきます。ご高齢の方や家の中を走り回る元気なお子様が段差につまずきケガなどからの大きな事故につながらないよう対策をしましょう。

早めの安全対策をしていくことをオススメ致します!

 

 

🔶段差がある場所とは?

【家の中の段差】
●玄関の上がり框(かまち)
●階段
●部屋、トイレ、浴室などの出入口
●畳やカーペットの縁


玄関の上がり框


階段


浴室の出入口


畳の縁

段差解消リフォームは「利用頻度の高い場所」を優先的に行うと良いでしょう!

ご高齢の方ですと“寝室・浴室・トイレ”など1日に何度も利用する部分に段差があると転倒リスクを高めてしまいます。まずは危険になりそうな箇所が無いかチェックしておくことが大切です。ぜひ、家の中の段差をすみずみまでチェックしてみて下さい😊

 

 

 

 

3.まとめ

 

 

 

 

段差解消リフォームを始める前に、まずは危険になりそうな箇所が無いかチェックしておくことが大切です。ぜひ、家の中の段差をすみずみまでチェックしてみて下さい。ホームセンターやインターネットで段差を解消する小さなスロープは一般にも広く発売されており、ご自身で取り付け可能な商品も多くございます。少しでも事故のリスクを軽減して、安全なお住まいになるためのリフォームをオススメしています。

小さな段差であってもお客様が気になる部分はもちろん、私からもご提案出来ればと思います。遠慮なくご相談 下さい!

 

アラカワリフォームサービスは国内メーカー全ての商品の取扱いが可能

【ご希望の商品でご提案】弊社はメーカー問わずお客様好みの商品をリフォームに取り入れることが出来ます。取り扱い可能な商品の中からご提案するのではなく、ご希望の商品でリフォームをご提案致します。皆様のお悩みやご希望、ご予算などをお伺いさせて頂き、大切なご自宅がより快適な空間となるようお手伝いをさせて頂きたいと考えております。

【清潔な現場を徹底】365日清潔な現場を徹底しております。施工中の現場が汚いのは言語道断です。散らかった現場では良い仕事が出来ませんし、施工主様はもちろん、ご近所様にも迷惑がかかってしまいます。お客さまの大切なマイホームを安心して任せて頂けますよう、誠心誠意、施工させて頂きます。また、施工の際は、ご近所への挨拶回りもしっかりと致しますので、ご安心下さい。

●お気軽にお問い合わせフォームからご連絡下さい!!

現場調査をさせて頂き、お客様のご自宅に合った商品をご提案致します!もちろん無料でお見積り致します。お客様の「なぜ?」「どうして?」「大丈夫?」にお応えします。遠慮なくご相談下さいませ。長く安全に利用してもらいたいですから、是非アラカワリフォームサービスにお任せ下さい!

ここまでお読み頂きありがとうございました!またお待ちしております😌

 

 

 

 

4.こちらの記事もご参考になさって下さい!

 

 

 

 

▶LIXIL・TOTOの段差解消アイテムでつまづく原因を取り除こう!|敷居・段差

1. 段差解消のリフォーム方法
・LIXIL|リノバ
・TOTO|段差解消スロープ
2. まとめ
3. こちらの記事もご参考になさって下さい!
(記事の内容)階段に手すりが設置されているお宅も、これから手すり設置をご検討中のお宅も、手すりの必要性をお伝えしたいと思っております。家庭内事故が起きる前に対策しておくことが大切ですので、是非ご参考になさって下さい!手すりは「転倒を防ぐ」「歩行などの動作補助」「立ち座りの支え」などの役割があります。・・・・・つづく

介護リフォームイメージ

▶介護する人・される人の負担を減らす水回りの介護リフォームについて解説!

1.介護のためのリフォームの基本
 1-1|移動は少なくスムーズに
 1-2|出入口や廊下の幅は広く
 1-3|動きやすいスペースを確保する
 1-4|バリア(障害)を少なくする
2.水回りの介護リフォームのアイディア
 2-1|トイレにおける介護リフォームのアイデア
 2-2|洗面室における介護リフォームのアイデア
 2-3|キッチンにおける介護リフォームのアイデア
 2-4|お風呂場における介護リフォームのアイデア
3.まとめ
4.こちらの記事もご参考になさって下さい!

(記事の内容)万が一、ご自身やご家族に介護が必要になると、今までの生活が一変します。それまで容易に出来ていた入浴やトイレ、洗面や料理などが難しくなり、時には介助してもらわないといけなくなるでしょう。そのような生活を快適にできるのが「介護リフォーム」「バリアフリーリフォーム」です。・・・・・つづく

▶浴室手すりの設置位置を場面別でご紹介!

1.浴室手すりの設置位置
1-1|設置の高さ
1-2|設置の場所や位置
・場面①浴室出入口「縦手すり」
・場面②洗い場移動「横手すり」
・場面③浴槽への出入り「縦手すりor横手すり」
・場面④浴槽内立ち座り「L型手すり」
・場面⑤洗い場立ち座り「縦手すり」
2.まとめ
3.こちらの記事もご参考になさって下さい!

(記事の内容)浴室の手すりを設置すると言っても、設置の場所や位置、高さなどポイントがございます。利用者に合わせた手すりをご選択頂けますと、使い勝手のよい、安全安心な手すりが設置出来ます。是非ご参考になさって頂き、設置後のイメージをふくらませて頂ければと思っております。・・・・・つづく

▶TOTO「浴室サポート・介助商品」で安心安全な浴室にリフォームしませんか?

1.TOTO「浴室サポート・介助商品」ご紹介
1-1|事故⑴お風呂場での転倒
・お悩み①「入り口に段差があって一歩目が滑りそう」
・お悩み②「支えがないと1人で歩くのは不安だな~」
1-2|事故⑵お風呂で溺れてしまう
・お悩み①「水槽をまたぐ時にバランスを崩しそうだな~」
・お悩み②「片足立ちは怖い!体勢が安定しないから不安だな~」
・お悩み③「浴槽から立ち上がる時に滑りそう!立ち上がるのがつらい」
・お悩み④「浴槽への出入りの介助が大変」
・お悩み⑤「ベッドから浴室までもっとスムーズに行きたい」
2.まとめ
3.こちらの記事もご参考になさって下さい!

(記事の内容)浴室の手すりを設置すると言っても、もちろんどこに設置しても大丈夫というわけではありません。設置の場所や位置、高さなどのポイントがございます。今回はまず、皆様に知って頂きたい「縦手すりと横手すりの役割」についてご紹介致します。・・・・・つづく

弊社で行いました実際の施工やご参考になるリフォームの情報を日々お伝えさせて頂いております。
よりよいリフォームとなりますようご参考になさって下さいませ😊

 

株式会社LIXIL様ご承諾のもと、HPより画像の引用をさせて頂いております。

 

 

小山市を中心に近隣市町村にもお伺いします!
[栃木県] 小山市・栃木市・下野市・真岡市・野木町
[茨城県] 結城市・筑西市・古河市

 

メールでのお問い合わせ
ページトップへ